HOME ▶ サマンサ日記


村上家伝2、21回目から40回まで

一、真田安房守より為人質二男弁丸ヲ天正十年より、
海津江差越置候故、国清領分之内、坂木領二而知行
壱万石之所出置之候。
一、天正十年六月より同十二月迄小県郡上田川西三万石も
国清領地之所ニ真田安房守戸石之城ヲ伊勢崎江引移時、
権現様江申上候者、上田川西三万石〇伊勢崎之領分、
ニ而無御座候得者、城中不叶由、令言上故、従
権現様、国清方江御所望ニ付、川西三万石奉指二為
其替、知行上州吾妻郡ヲ給。
一、天正十八年五月小田原陣之時、上州松枝城ヲ真田
安房守ト国清心ヲ合責落国清ハ本丸乗取於小田原、
秀吉公江遂御目見、国清任諸大夫、
一、天正十九年秋国清上洛、権現様江奉願景勝ト国清
分地之義秀吉公江言上。其節御同意之御書被下置候。
右御書之分知之儀段々相願候故、天正十年正月、
秀吉公江国清遂御目見分知四十三万四千四百石余り之御
證文被下置候。
如此分知之義も相済候所ニ国清天正廿年二月上旬病気指出
司月之内致病死候。
景国、奥州宮森二而出生、母越前之朝倉左金吾義景嫡女。義景ハ、
永禄年中信長公ニ打負越後謙信江逃、天正元年病死。
義景男子無之故、朝倉之系図景国江譲候。
一、天正廿年二月父国清卒去。
秀吉公江従景勝、言上候之所、秀吉公家督之男子有之、
哉与被仰出候ニ付、当年二歳武丸与申男子有之候段、
被申立
候得共、幼年ニ而家督難立之旨被仰出候得共、景勝
権現様江奉願候。依之権現様達而被為仰上故。
然ハ源吾一族之内ニ而陣代可勤者有之者、以陣代軍役可
勤候旨秀吉公之依命、源五、出浦藤五郎高田ト
申者、源五養育致し置今年廿歳余ニ罷成候故、
秀吉公江致言上候所ニ尤ニ思召候段被仰出候ニ付而出浦藤、
五郎国元より呼上申候。秀吉公御目見為致候所ニ即座之任官、
村上兵部大夫被仰付候。其上、源五実子武丸一五歳
之春迄可為名代、武丸幼年之間ハ源五領地四十三万四千四百
石余之内、白川十ニ万石武丸領地、相残三十万石余者、
藤五郎預り、諸侍共廻可由候、藤五郎者若キ者之事二候
間、諸事景勝可為支配之旨、為上使浅野弾正ヲ以、景勝江
被仰渡候。右之藤五郎高国者、義清娘之子二而父者
義清ノ家来、信州筑摩郡会田之城主滋野氏
末葉ニ而、会田三郎義高与申名二候。義清娘嫁し、高国出ニテ候。
一、武丸家督之儀、如右相究候所ニ慶長三年、
秀吉公御他界より兵部大夫逆心指出、武丸ヲ可打候内談
仕、平林庄兵衛、同惣助ト申者二申付、白川江指遺候所、
此両人
数代国清迄相伝之者故、武母之方江内通申候者、兵部殿
去年中より家中之侍共ニ者被申含候、武丸討候ハハ、
往々兵部大夫本領十分一ヲ可出約束実正之段有、委
被申聞候。就夫、武丸母驚入、慶長四年二月始二武丸ヲ
召連
白川ヲ出立、三州鳳来寺江到着、其後駿州江罷越、本
多平八郎忠勝頼入。
一、与三儀、平八方ニ罷在候間平八病気之砌与三儀、真田伊豆守ニ御預ヶ被為遊候様致言上候所ニ平八願、元和
元年四月より真田伊豆守信幸ニ御預ヶ被為遊。御扶持。
如右下置候。真田伊豆守内室者、平八之息女故与三ト兄弟二
罷成候筋目ニ御座候二付、平八相果候後者、往々
台徳院様江御申上候様二ト実意二付、如右遥々
台徳院様伊豆守内室より御款申上候。与三ト申
名者、改申度旨申上候所ニ可任願之旨被仰下候ニ付而、則、
村上織部ト改申候。
一、寛永八年台徳院様織部儀、江戸江可被登旨真田
伊豆守夫婦之方江被仰出所、織部事、同年春より、
病気候ニ付、其上中風之症罷成、剰不行歩二罷成候故
気分
本復次第江戸江罷越度旨願、伊豆守江言上仕、此節
右之御扶持者差上気分養生仕罷在候所ニ次第病気
重罷成、本復難成御座候故、織部妻子ニ申含候者、存旨、
相果候ハハ、幼少之倅召連、他所江立退候堅申付候。
終快気不仕、寛永十三年八月病死仕候。
羨豊、
父織部遺言之通、其砌母同道、伊豆守城下立退、上州、
吾妻之近所江罷越、其後慶長四年三月、吾妻近所
ヲ立去、一家吾妻氏之一族河越ニ罷在候故、彼者江引移、
其後江戸江罷出、松平伊豆守殿江先祖由緒
委細申入候所ニ、何卒達上聞可被下旨被仰候内、伊豆守殿、
御死去ニ而候。其後聢与相願可申便モ無御座、
時節見合罷在候所ニ寛文十一年、信州ニ而源五
国清代家来滝沢宮内、出浦正左衛門、林民部ト申者之
子孫迎差越候。其上永々江戸住居も難成故、其砌、
信州江罷越、右之者共、並、其外譜代之者共多百姓仕罷在候。
此者共養申故、河中嶋ニ蟹居仕罷在候。
清和天皇、
貞純親王、
延喜年中於月花門賜四位、日本大将軍タル豪宣旨。
六孫王経基
筑前、但馬、相模、伊豆、信濃、武蔵、常陸守復職。
満仲、長徳三年八月十六日卒、満俊大法師。
頼信、伊勢、甲斐、信濃、美濃、相模、上野、下野、陸奥守復職、
頼清、肥後、安芸、陸奥守復職、
頸清、寛治四年武蔵守行実ト刃傷、依而更級郡配流、
仲宋、嘉保元年太上法皇呪咀二依而、讃岐国配流、
為国、保元元年信州落下、戸隠山蟄居候。
 以上、21回目から40回目まで、


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg

 


Translation


Recent


Category