HOME ▶ サマンサ日記


大阪湾の透明度が上がれば上がるほど漁獲量減

水が澄むと魚が住まないという格言があったと思います。
大阪湾の水質向上を証明する指標の一つが、透明度で、
白い円板(直径30cm)を水中に沈め、完全に見えなく
なった時の深さ(m)で測る。大阪府立環境農林水産
総合研究所の水産技術センターの調査では、大阪湾は
1972年の年平均が4mほどだったが、2018年は5m近く
まで改善したそうです。研究員の話では関空沖など
海峡に近い南部では、10mを超える時もあるす。
水が澄むと魚の餌が無くなり、結果的には良い水では
ないようです。最近、美味しい水は良いとしても、
綺麗な水を買って飲んでいますが、人間には影響は
ないのでしょうか。
ではまた、広報担当サマンサでした。


サマンサ日記の月別バックナンバー


タグクラウド

 


I'm Samantha.

  • プロフィール
  • サマンサ
  • サマンサは猫です。
  • 広報担当の三毛猫です。
  • サマンサ日記は、
  • 猫の目線から見える世界を
  • 綴った研究雑感です。



Helpful ・・・

  • 参考までに
  • 吾輩は猫である (岩波文庫)
  • 魔女の宅急便
  • アイムス 成猫用 白身魚味 7.5kg
  • アイムス 成猫用 体重管理用 チキン味 7.5kg