HOME ▶ 信州更級郡岡田村寺澤家文書


蔵書目録

信州岡田村寺澤家蔵書目録の書籍類は昭和26年1月4日火災により焼失しており、目録は土蔵にあったため残され、下記に列挙いたしました。長野電波技術研究所付属図書館の活動の発端は、祖先が読んだ書籍を読みたいという好奇心からはじまり、この目録に沿って書籍の収集を行ました。現在では多岐にわたる研究支援活動と、日本有数の蔵書数に至っています。

書   名 内   容
四書 「礼記」(大学・中庸)論語・孟子の総称 大学は儒教の経書 三網領と八条目を説く。中庸は徳の道(○教)の総合的解明書。論語 礼子と弟子の問答「仁」意義を説く。孟子は礼子の道を祖述 諸候や弟子との問答
四書理諺抄 「四書正文大網理諺抄」10巻10冊漢学 毛利貞斎著、元禄12年(1699)刊
孝経諺解 「古文孝経諺解」3巻3冊漢学林罹山(道春)講を林○峯(春勝)記す。孔子の弟子の曽参(そうしん)が師から孝道について聞いたことを門人がまとめたもの


古文書

信州岡田村寺澤家文書は,現在長野県立歴史館と寺澤家末裔の個人所蔵によって保存管理されています。長野県立歴史館の寺澤家文書の多くは,長野市立博物館から移管されたものです。寺澤家が庄屋であるという背景から,宗門改や証文などの地方文書が中心で,文書群が構成されています。

表   題
年月日
西暦
差出人 → 宛名
地替仕候付一札之事 享保6.3.5 1721 銀之丞→与五右衛門
(地替証文之事) 享保6.3.5 1721 銀之丞→与五右衛門
村差出し明最帳 延亨3.6 1746 岡田村
普請入用帳 寛延1.10 1748 長兵衛
永々万覚帳 宝暦5 1755 寺沢長兵衛


寺澤安左衛門直興 著作物

更科埴科地方誌に掲載の寺澤家文書に関連する古文書の書き下し文の一覧です。