HOME ▶ 信州更級郡岡田村寺澤家文書


文政二卯年覚

一 土用さゝぎ   森沢畑畔四本作
一 黒さゝぎ    同畑畔拾本
   此弐品作跡菜を蒔
一 奥さゝぎ    東畑畔六本
一 秋小豆    鍛冶屋敷西ニ而六本
一 粟    東之田西畑ニ而畔六本
一 茄子 畔幅    東之田西畑ニ而拾壱本
一 大根    森沢畑弐拾五本作
一 菜    東畑弐拾五本作
   但し菜ハ東畑・森沢・鍛冶屋敷
   右三ヶ所二而かわる々作り申候、
   大根ハ森沢・鍛冶屋敷二ヶ所ニ作り申候、
   茄子ハ東畑・同東之田之西畑ニ三年ニ壱度つゝ作り申候
一 蕎麦    六月土用あけ前三日蒔、
一 大豆
一 黒大豆
一 黄大豆    田之畔に田植済候而植、
一 八重生豆    万の毒け作りて宜、
一 秋八月ひがん中雪菜蒔よし
一 同時きなひふセよし、
   雪菜、水菜、きなひ、ひがんの中ニ蒔べし、何れも鶏とり
   除を致すべし、
一 稲・麦・茄子・大根・蕪菜・木綿・高菜・瓜類惣じて下地江菌
   し可致、上こやしハ強過候得者作物ニあたるなり、心付可申候、