HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


高野豆腐でヘルシーな料理に挑戦。精進料理に学べ

冬になると、体が寒さに対応するために脂肪を蓄える傾向が人間にはある。そして、運動量が減ると、どうしてもこの時期は太り気味だ。肥満が健康にとってマイナスなのは、随分昔から言っていると思うが、改めてメタボという言葉で、脅かすようにいい続けるのはちょっと問題におもうが、それでも、多少は気を使うべきだろう。

アイデアの素は、まずは精進料理だ。お寺で食べられる精進料理は殺生をしない。肉を使わず十分に低カロリーで、栄養の整った料理を作り出している。精進料理からも、摘み草料理に学べることは多いかもしれない。でも、食感的にはものたりない印象がある。もう一つ、大豆から作った鶏肉の「から揚げもどき」を食べたことがある。大豆と小麦の粉を水を加えて混ぜ、練ったものを揚げたものだった。食感も肉のようでおいしかったが、これを高野豆腐を使ってできない考えて見ました。

戻してすぐの高野豆腐は硬いので、これを工夫しなければいけません。戻した干しシイタケと、鶏がらスープを使って煮込みやわらかくします。このときのスープを変えればいろいろな味に変わります。これは、また検討したいところです。

 

TS3H001001.jpg

初挑戦なので、煮込んだ高野豆腐の周りに小麦粉をふり、油を多めに引いたフライパンでいためて、カリカリの食感を目指してみることに。でも、小麦粉の皮はすぐにはげてしまうのは、ちょっと失敗です。仕方がないので、ソースを絡めていためてつくったのがこの料理です。食べられないことはないが、食感は今ひとつ。食べると、含んだスープが多く、これも食感を悪くしているみたい。改良が必要です。それはまた明日。

TS3H001101.jpg

 





摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ