HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


失敗。アザミチャーハン。チャーハンの作り方。

チャーハンと言えば、基本的な料理ですから、だれもが作り方を知っているものの、それに反したものはなかなかうまくいかない物です。今日は反省のブログです。

チャーハンの作り方といえば、良く熱したフライパンや中華鍋に油を引き、溶き卵を流してかき混ぜます。卵の全体に火が回る前に冷やご飯を入れ、おたまの腹か、竹べらを使って、全体を炒めながらほぐします。このタイミングだと、卵とご飯がしっかりとなじむので、ここを注意していれば、しっかりとした美味しいチャーハンになると思います。

満遍なく、ご飯と卵が細かに混ざったら、焦げ目をつけるためにしばらく触りません。この時に、材料を用意しておきます。極力材料は細かく切り、火を通しておきます。基本は中華ハムと長ネギですが、シャケだったり、じゃこだったり、様々な食材で姿を変える料理なので、どんなものにもあいますが。方法としては、電子レンジにかけて火を通しておくのがオススメです。

焦げ目をつける焼き方を数回繰り返してら、材料を加えて混ぜ合わせて、しょう油を鍋肌に一回し。塩コショウと化学調味料で味付けすれば、完璧です。これがまた、人の腕が良く表れる料理です。

今日はなぜ失敗したのかと言えば、全くこの手順を守らなかったからです。なにより、アザミがいけませんでした。とにかく仕方がありません。

まず、水煮にしたアザミをいため始め、材料を加えていきました。たまねぎとソーセージです。しばらくいためた後、卵を落とし、混ぜてから、ご飯を投入。野菜から出た汁気が染みて、べちゃべちゃになり、まるで似て非なるもの。どちらかといえばおじやに近い。

食べてみると食感も悪く。微妙です。あまりおいしくないものの、ちょっと癖のあるアザミの味でしたが、ご飯のおかげで、それでも随分食べやすい。香りもエスニックな感じで、悪くはない。でも、もう一度つくろうとは思いません。残念でした。

 

TS3E0530.jpg





摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ