HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


2008年アサヒ飲料の十六茶に学ぶ。

昨日は爽健美茶だったので、ライバル商品であるアサヒ飲料の十六茶もぜひ、比べてみたいと思います。

2008年の十六茶はハトムギ・大麦・黒豆・玄米・ゴマ・ビワの葉・桑の葉・アマチャヅル・昆布・熊笹・柿の葉・杜仲茶・シソの葉・ハブ茶・霊芝・みかんの皮の16の素材からなっているそうです。これも、少しずつ、ブレンドの内容も時代に合わせて変化しているようです。

見てみると、ゴマシソ桑の葉柿の葉みかんの皮など、このブロクでもたびたび使われている食材がたくさん含まれていました。やっぱり、お茶は一番身近な摘み草料理なんだと、つくづく思います。

大抵、桑の葉の天ぷらを食べていると、周囲の方々には白い目で見られることがたびたびあります。そういう人に限って、こういったお茶のペットボトルを持っているところが皮肉です。たしかに、ほとんどの人が何を飲んでいるかなんて興味が無いのではないでしょうか。アサヒさんを信用しているということなのでしょうが、安心安全ら苦情を言う人はどこまで見ているのでしょうか。まあ、16品も覚えては居られないので、仕方がないのかもしれませんね。

 

 

(お徳用ボックス) 十六茶 2.000ml×6本

売り上げランキング: 11890




摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ