HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


野菜たっぷり唐揚げジャージャーそうめん。

夏といえば、そうめんの季節です。すぐにゆであがって、水でしめれば、冷たくて、つるつるで、おいしく食べられます。ただし、そうめんを食べる人は、こればかり食べる傾向があるみたいで、栄養が偏ってしまいがち。そうめんはおいしいけど、めんつゆだけでは味にも飽きてしまいます。暑い夏や食品の高騰を切り抜ける「そうめん」をいろいろ工夫して食べてみたいと思うのです。

どうしても、そうめんを作るときには野菜を忘れがちです。薬味にたっぷりの大根おろしでも加えればいいのですが、そうもいきません。

今日は簡単手抜きで野菜もたくさんとれるピリ辛いジャージャー麺風そうめんを目指します。材料を見ていたら棒々鶏にも似てるのかなぁと思いつつ。バンバンジーは辛くないものなので、やっぱりジャージャー麺なんです。また、挽肉を使うのが筋ですが、冷凍食品の唐揚げを使います。これを使うと前もって味付けされた薬味の味が広がって、手抜きなのに早くおいしくできる理由はここにあります。

野菜は、収穫できずに巨大化したお化けキュウリです。これを使わないわけにはいきません。先に、キュウリは細かく乱切りして塩もみしておきます。塩もみの間に電子レンジで冷凍してあった鶏の唐揚げを暖めます。

この間にタマネギ、茄子とシソのはを加えて炒めます。油はてんぷら廃油で十分です。しっかり火をかけたところで電子レンジで火を通した唐揚げを加え、木べらで壊しながらあえていきます。辛みその素を加えます。辛みその味付けは、また別のブログに書く予定です。豆板醤をベースに作ったピリ辛味噌が一気に絡めれば、あんこのできあがり。

どんぶりにそうめんを盛りつけ、上から辛みその餡と塩もみしたキュウリを載せます。毎日暑い日々ですが、この暑さに負けない辛さとボリュームで、とくに今回は材料の味付けがうまくいきました。

混ぜ込むと、見た目はきれいじゃありませんが、濃い味にキュウリがさわやかで、ここにつるっとしたそうめんで包み込むこのバランスがとてもおいしく出来ました。

TS3E0829.jpg





摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ