HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


ミョウガの葉はラップ代わり、道具使える草。

ミョウガの葉はラップの代わりに使われてきた。普通なら、笹の葉やホウ葉、柏の葉などが有名だが、ミョウガも使われてきたらしい。ほかの葉は殺菌性などがあるので食品の保存で日持ちするものだから、あまり聞いたことがありませんが、ミョウガにも殺菌効果があるのかもしれません。なにせ、独特な風味は、変わった有機成分を持っているのだと思います。いつか、調べてみます。

知り合いに作ってもらった「おにぎり」がミョウガの葉に包まれていることで知りました。こうやって、様々な道具として利用されている植物も、摘み草の重要なポイントだろうと思うのです。ミョウガの葉は笹の葉の形に似ていますが、小ぶりで、しなやかなのが特徴で、二枚合わせて一つのおにぎりを包んでいましたが、場所よっては「ちまき」にも使うところがあるようです。

ラップに比べると日持ちはしませんが、ゴミになりませんし、殺菌効果が期待できたり、香りが移ってご飯が美味しくなる場合もあります。少しでも、石油製品に頼らない生活は、温暖化対策として正しいと思いますよ。

TS3E084601.jpg





摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ