HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


お年玉は元々「おもち」だったとか。薄切りモチで。

エコロジー生活で、何で「おもち」かということから話をしないと、ブログの主旨が伝わらないそうで、まずは、そちらから。

すっかり、金融危機の中で話が消えてしまいましたが、自給率の低いこの国でも、主食のお米は100%に近い生産量を持っています。おまけに、事故米の輸入や、減反による生産制限(作らないことによってお金を払うという仕組みはどうにかしなければなりません)など、もっとたくさんの米を作ることが出来るし、利用することが出来ます。ても、これらの問題も、1つはお米を食べる量が減ったからとか。なんといっても、わざわざ上新粉を米粉ということばにしてまで、パンやラーメンを作る当たりが日本らしいといいいますか、なんといいますか。自給率の増加の近道は、お米を消費するということだとおもいます。だから、普段から身近に出来ること意識して取り組めば十分に暮らしていけるはずです。お米を材料にしているお餅や日本酒や煎餅も、新しく生まれた米粉パンや米粉ラーメンも1つの形。野菜に至っては、鉢植え栽培している野沢菜や摘み草がずっと役に立つはず。

そういったわけで、お餅の使い方を考えます。お子さんにいきなりお金をあげるよりも、心を込めたお年玉を作ることにしました。もともと、お年玉は小さな餅だそうで、年始に食べることで病気にならないようにいのるとか。行事としてはこちらの方が良いのではと思います。

もちろん。大人の都合で、お金が出せないと言うこともあるでしょう。がっかりする子は多そうで、子供をだましているような。子ども達を試しているようなことは、考える機会になるかもしれませんよ。

ポチ袋に入るお餅を探すと、今はしゃぶしゃぶ用の薄切り餅という商品がありまして、ただ四角いだけでは寂しいので、型抜きして見ました。野菜用の型抜きのため、星形でけど、ちょっとかわいらしくて、結果オーライです。これを食べて、来年も健康に過ごしてもらえれば何よりなんですが。

 

 

TS3E1603.jpg
きっと、サンタクロースを信じている子ども達には、大切なお年玉になりますよ。残ったお餅は、お雑煮にして残さず頂きます。

佐藤 切り餅パリッとスリット1kg
佐藤
売り上げランキング: 2598




摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ