HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


咳止めにもなるし、正月の飾りにもなるナンテン。

正月の飾り付ける使われる花木として、ナンテンは良く使われます。難を転ずるということから縁起物とされていて、庭先に植えられています。

摘み草ブログでは、日本庭園をとても重要に考えています。あまり考えることはないすが、庭の目的は、四季折々に変化する植物を植えて、季節を味わい、豊かさや安らぎを感じるものだと思います。

でも、それ以上に植えられている植物の多くが漢方に属していたり、薬草であることが多く、ナンテンも植物図鑑に薬用として載っています。見る意外にも、もっと実用的なものではなかったかと思うのです。おなかが痛いときにはこの草を食べろとか、咳が出るときにはこの草を煎じろとか、そういった習慣が日本庭園にはあったはずです。明治時代の文明開化を境にずいぶん受け継がれなかったのではと、想像しています。間違いなく、意図的に日本庭園が作られていることを感じるのは、毒草の話に書いたように、自然に育った環境には、強弱はあるものの、半分ぐらいは食べられないものがあるものなのに、庭にはそういうものが少ないのです。庭には、薬草園としての役割を摘み草をつづけることで見直せるのではと思うのです。

ナンテンは、南天のど飴がゆうめいですよね。喉の調子が悪いときには、よく効きます。ナンテンの利用方法は冬場に付けた実を収穫して、乾燥させ、その実を半分ぐらいの量にまで煎じるのだそうです。要注意は、食べ過ぎはどんなものでも、悪いと言うこと。一日10g程度がめどとか。改めて収穫して、重さと量を比べてみたいです。葉も同様に使える草だけど、あじさいに近く、青酸物質をわずかに含むので、やはり飲み過ぎは御法度です。注意が必要です。

庭先のナンテンは観賞用に、白ナンテンと赤いナンテンの2種類が植えられています。まだまだ、小さい株ですが、どんどん大きくなることでしょう。これも、立派な摘み草だと思います。

 

TS3E1606.jpg

TS3E1604.jpg

 

[医薬品]南天のど飴 60錠
常盤薬品工業
売り上げランキング: 32432




摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ