HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


地域の特性を生かした農業を。1から作る麻婆ナス。

 

TS3E2140.jpg
日本はとても長い。野菜の流通をみるとつくづく、そう思う。食品の売り場では、夏野菜のはずの高知産のナスが、もう、終盤のような形で流通している。長野では、ようやく、芽をだしたかどうかというところ。農業産業として捉えると、初物の野菜の方が値段が良いものなので、長野のように気温が低い地域では、暖かい地域で作られる野菜にはかないません。

だから、この地域の野菜が無くなった頃の合間に、寒さを利用して遅く収穫した野菜を市場に流すのが高原野菜のビジネスモデルです。レタスやセロリはそういったタイミングで収穫されています。もう一つ、美味しい作物に育つために寒暖差が必要な白菜やリンゴを選んで栽培してきたのは、地方の気候特性を利用した農作物を作ってきたからです。これが地域の特性を生かした農業です。

近年は、如実に感じる温暖化の影響で、その仕組みも失われつつあり、日本の農業は、輸入野菜による価格の減少が無くても、限界に近づいているように感じます。

今日は、1から作るとありますが、その意味で、少々遅れ気味ですが、ナスの種を蒔いたところなので、さすがに、今すぐ作るナスは高知産。

案外簡単に作れる麻婆味をぜひ、試して見てほしいです。まずは豚肉です。豚バラ肉を細かく切り炒めます。色が変わったところにナスと長ネギを小口切りしたものを炒めます。山椒の実を潰したものを加えて、さらに炒めます。ここで、鶏ガラスープを注ぎ込みますが、早く作りたい時には、先にスープを作り、その中に材料を加えていくと、早く火が通ります。

一煮立ちしたところで、おろしショウガ、お酢少々、しょう油一垂らし、豆板醤を並の辛さなら大さじ一杯ほど。味付けは麻婆豆腐と同じですが、今日の主役のナスを際ただせるために、豆腐は加えません。片栗粉でとろみをつければできあがり。

純然たる麻婆ナスです。これがまた、思いの外美味しい出来です。なにより、ご飯との相性は最高です。





摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ