HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


レモン果汁で牛乳からチーズとホエー作る。清乳の利用

 

TS3E3511.jpg
連続で、関連記事にする予定です。

ケンタロウさんが、番組で、牛乳からチーズを作る方法を紹介していました。改めて、調べてみると、たくさん作り方について、見つかります。

ポイントはレモンの果汁を使って、牛乳を分離し、カッテージチーズとホエー清乳に分けます。方法も簡単で、60℃ほどに暖めた牛乳500mlに40mlのレモン果汁を加え、かき混ぜて10分待ち、ガーゼを敷いたザルで、固形化したチーズを取り出します。キッチンペーパーをザルの上に敷き詰めて鍋の中身を流し込みます。これが、驚くほどきれいに分離します。コシとったものがチーズ、濾過したのこった半透明の液体がホエー・清乳です。最近では、北海道の花畑牧場の豚は、えさの一つとしてホエーを与えられることで、とても品質が良くなるそうで、ホエー豚と呼ばれていますから、聞き覚えもあるでしょう。

このホエーは、とても栄養がありますが、ほとんどの場合、廃棄しているとのことで、栄養は牛乳から作った液体であり、低脂肪で、かつ、良質なタンパク質を含んでいるそうで、とてももったいないことをしています。養豚など、ほかに使う実際、工場で副産物としてホエーがでても、消費者は遠く、応用がなかなか難しいようです。

だから、家庭で、牛乳とレモン汁から簡単にチーズとホエーが作れると、消費地で製造されることなので、廃棄することなく、活用することができます。

チーズは塩(砂糖を加えればレアチーズのようです)、ホエーには砂糖を加えだけで、レモン風味のドリンクです。このドリンクは、もと牛乳とは思えないさわやかでおいしい飲み物になります。

お酢でも、作れますが、レモンを使うことで、デザートやドリンクの可能性を産みます。必要なのはレモンです。長野でも、レモンを鉢植えにして、冬場は室内におくことで、栽培することができます。もう少し、温暖化が進めばいいのかもしれませんが、無加温温室での栽培実験は試してみる価値があります。新しい摘み草食材になるのでしょうか。

 

レモンブック
レモンブック
posted with amazlet at 09.12.24
北村 光世
集英社
売り上げランキング: 205246




摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ