HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


レモンでチーズ作り、牧場を生かせ。

先日の記事から引き続いて、一つの提案です。

牛乳から、レモン果汁を使って、カッテージチーズとホエーを作る方法を知り、実践したなかで、思うことがあります。

一応、作り方を記載しておくと、500ccの牛乳を60℃に暖め、レモン果汁を40cc加えます。すぐにも分離を始めますが、10分ほどおいた後、ザルをいれたボウルに、さらしを敷き、分離液体流し込みます。あまり、さらしをおいている方も少なくなっていると思うので、キッチンペーパーで代用です。驚くほど簡単にフレッシュチーズを作ることができます。

加工されたチーズは、手間暇かけて作られているため、観光牧場や畜産業では、原料にしたチーズの販売をしていますが、ヨーロッパに比べて、日本でのチーズの価格はどうしても高いのかもしれません。でも、この方法であれば、低価格で、おいしい物を提供できる可能性があります。料理に組み込めば、付加価値も高まります。

思い返すと、併設したレストランなどでは、フレッシュチーズを生かしたメニューなどを見たことがないと思うのです。

あまり、こうしたサービスがないのには、保健所による規制があるのかもしれません。安全は大切ですが、それによって、多くの利便が失われてしまうこともあります。ようは、なにごともバランスが求められていると思います。

以前から、活用の難しい植物をいかす方法として、山羊を飼うことができないか、ずっと検討しています。山羊であれば、40年ほど前であれば、各家庭にいることが、目新しいことではなく、小規模でも家畜を導入することができます。ノウハウもあります。ただ、毎日とれる乳の利用についてが課題の一つでした。それが、レモンによって、それぞれの歯車がかみ合い、保存の可能性や、違う形の製品であるため、料理への応用が広がるなど、様々な問題が解決するのではとおもうのです。

だから、観光牧場をはじめとして、レモン畑と牧場を併設し、糞尿は畑にもどし、チーズと分離した栄養豊富なホエーは、新鮮な物は、健康ドリンクとして、のみ、残った物は家畜のえさの一つとして使い、日々伸びてくる雑草をなくすことができます。

河川の土手や、道路の路肩、庭先、公園と、労力を少なく自動的に草取りができることから、貸し出しの要望もわずかながらあります。

しぼりたての牛乳で、簡単で楽しく、チーズを作り、料理に生かすことが、とても楽しいものです。写真は、かりかりのトーストにたっぷり、チーズを載せてみました。レモンの酸味がさわやかで、香りたかく、おいしい朝食を作ることができました。牧場では、これまでも、いろいろな試みをされているとは思いますが、この仕組みをいかせないものか、まだまだ思案です。

TS3E3513.jpg

手作りバター&チーズの本
フルタニ マサエ
日東書院本社
売り上げランキング: 234430




摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ