HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


麻婆豆腐には山椒の実が必要。

#2353823201.jpg

麻婆豆腐。家庭では市販の素を使って作るのが普通かもしれません。

日本で食べられる麻婆豆腐は、中国の本家のものとはずいぶん違っていて、スーラー豆腐。酸っぱい豆腐と呼んだほうがいいぐらいのものだそうです。元祖にお酢が不要です。私の日本式の麻婆豆腐をご紹介。

そして、摘み草料理としては、麻婆豆腐にはなくてはならない香辛料、山椒の実。サンショの実。5月後半になり、緑の小さな身が実るようになりました。
生の山椒は、今だけ。上手に天日干しすれば、緑のきれいな実を維持できますが、お手軽に摘み取って冷凍庫に保存することができます。

IMG_20160613_10544101.jpg

フライパンに鶏がらスープ。ここに、豚バラ肉。ひき肉よりもおすすめです。ネギ類。豆腐をさいの目に切り、ショウガをひとかけすりおろしで火を通します。

味付けは、調味料の「さしすせそ」を順番に加えます。さしすせそ、すべてを使う料理って案外珍しいかもしれません。砂糖>塩少々>酢>醤油>味噌の順に加えます。ごま油を一回し。豆板醤を加えます。

中国の本家に倣って、ごま油でニンニク、豆板醤を焦がして加えるのもよいかもしれません。

あえて分量を書きませんが、多少、どれかの調味料が多くても、それなりにおいしくできる。人それぞれの味がある。作るたびに、ちょっと雰囲気の違う麻婆豆腐が出来上がります。疲れていたら、お酢を多めにするとか、子供がいるから食べやすく砂糖を増やす、大人が多ければ味噌を減らして豆板醤を増やす。毎日食べても飽きない味付けができる料理なのです。その中で、自分なりの味付けを見つけてもらえればと思います。ニンニクを抜いたり、調整できるのも家庭料理の魅力です。

ここまで来て、包丁の面でつぶし、たたき、刻んだ山椒の実を加えます。たたくことで、一段香が高まります。ちなみに、中の黒い種は味にかかわりなく、緑の皮にピリッとする味があり、皮だけが理想ですが、種ごと調理しても構いません。仕上げは、片栗粉でとろみをつけます。


いろんな野菜とも、なじむ味わいなので、玉ねぎとジャガイモもおすすめですが、ナス、ニラ、ピーマン、ニンジン等々、様々な材料をいれてもおいしく出来上がります。







摘み草料理でエコロジー生活の月別バックナンバー


 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ