HOME ▶ ユクフムの摘み草料理でエコロジー生活


DSC0106.JPG
長野の山間地域では特に、豆類の栽培かせ盛んに行われています。ささぎ豆、花豆、小豆、パンダ豆、トラ豆、見たことのない豆が多数あり、その地域では販売されています。

その中でも、おすすめなのが緑と黒色の「くらかけ豆」です。

他の地域では、料理名のまま、ひたし豆と呼ばれたり、海苔を巻いたようだと海苔豆と呼ばれたりしています。

長野のおばあちゃん達は、お茶の時間になると、この豆を食べています。長野長寿の秘訣は、この豆にあるのかもしれません。簡単に美味しく食べられるおばあちゃん達の秘密兵器だったのです。

一晩、水を浸透させた後、湯にかけ、味付けは塩だけです。今まで醤油やみりんなど、工夫してきましたが、この豆は塩だけが美味しくなります。
色が変わり、こりこりした食感が残っているうちに火を止めます。

食べる前に醤油やめんつゆを回しかけ、味を浸すのが、ひたし豆の意味です。

私は長らく、この豆は、とても美味しい枝豆なのだと、勘違いしてきました。それだけ、しっかりとした食感があります。しかも、枝豆なら、ゆで方で大きく味が変わるのですが、いつも最高のゆで加減。それが、疑問の一つだったのです。

実は、煮豆で、殆ど手間がかからないと知ってからは、頻繁に作るようになりました。
これがあると、箸が止まらなくなってしまうのです。
DSC0096.JPG

DSC0403.JPG
「柿が赤くなると、医者が青くなる」柿を食べていると、ビタミンが良く供給され、風邪を引いたりしにくくなることは、昔から言われていることです。

このブログでも、柿について、多く記事を書いているのも、この果物がとても人に有用な植物な証拠。
生で食べても、干して食べても、さらに柿渋は、江戸時代から続く、防腐剤として、染め物にも建物にも使われる素晴らしい品種です。

摘み草を実戦している我が家の庭には、7本の様々な種類の柿が植えてあります。
桃栗三年柿八年。柿は実るまでに時間がかかりますが、それも、ご先祖さんの配慮によって、今、ありがたく食べられるのです。

11月の霜が降りる季節。干し柿作りが始まります。最近は、温暖化で、干す日取りにはとても気を遣うようになりました。暖かい日が続いてしまうと、干し柿に青カビがついてしまい、失敗してしまうのです。
DSC0415.JPG

干し柿を作っていると、一足先に熟した実が残ってしまいます。傷や鳥のつつき跡、その他の条件でそのようになってしまうのですが、綺麗に皮を剥くことができないので、干せずに残ってしまいます。こういった柿は、箱に並べ、寒い場所に置いておくことで、ふにゃふにゃゼリー状の熟し柿にするのが一般的です。(できるだけ捨てたりしません。)

この十分に柔らかくなった柿は冷蔵することで、素晴らしいデザートになります。それが柿シャーベット。

かちかちの柿を室温に置くこと30分。急速に解答されて食べ頃になります。特に、この柿の品種は種なしなので、とても食べやすい。さくさくととろとろの二つの食感に、濃厚な甘さが広がりとても美味しい。干し柿も、高級和菓子の様な味わいになりますが、シャーベットは、スイーツの中でもとびきりの一品になります。

元々渋柿なので、皮の部分が渋いことがあります。食べるときには、皮を取り除いた方がよいかもしれません。


DSC_0223.JPG
長野のスーパーを覗くと、扱っているキノコの品種がとても多い。10-15品種はあるのではないだろうか。

キノコ、それぞれに特徴があり、味も違う。

本当は、自然のキノコに敵う味のものはないのだけど、残念ながら長野市でも、天然キノコの出荷は放射性物質の検出された株がいくつか確認されているため、取り扱いができない状態だ。

それでも、キノコのおいしさを味わうためには、少し工夫が要る。3種類以上まとめて調理するのだ。

1つ、ポイントは、そこにシイタケは入れないこと。シイタケの出汁が強いため、他のキノコとなぜか合わないためです。

今日は、スーパーでも販売されているヒラタケ・ブナシメジ・エノキダケ・エリンギ・マイタケの5種類を用意して、二つの料理を作りました。

DSC_0299.JPG
最初は、「たっぷりキノコご飯」
炊飯器に適量の米と水をいれたところに、一口大にした5種類のキノコを列べ、油揚げも、キノコと近い大きさに切って加える。味付けは、めんつゆだけ。これが簡単で十分に美味しくなります。

一手間かけて昆布で出汁を取り。ヒラタケ・ブナシメジ・マイタケは、根元の石づきを包丁で取り除き、手で裂きながら大きさを整えます。エリンギは、食感が変わるので、キノコご飯の場合は輪切り、キノコ鍋では手で裂きます。エノキダケは石づきを取り除き、包丁で一口大に切っておきます。

炊飯器を炊き込み設定にして、炊飯します。
できあがり、炊飯器のフタを開けたときに広がるキノコの香りがたまりません。全体をよく混ぜ、味が足りないときには、塩を少しふって味を調えてできあがり。

1つ1つでは物足りないこともありますが、5種類のキノコが一体化した香りは、食欲をそそり、ご飯をさらに美味しくしてくれます。
DSC_0285.JPG


次にキノコ鍋。キノコを主役のこの料理。
水を張った土鍋に、5cm角に切り分けた昆布を置き、沸いところで昆布を取り除きます。
簡単に美味しくするため、うどんスープのもとを二つ使い、ベーススープができたところで、5つのキノコ、ヒラタケ・ブナシメジ・エノキダケ・エリンギ・マイタケ、長ネギ・豆腐・水菜・牛肉の切り落としを加えて一煮立ちでできあがり。キノコを活かすため、水菜は少なめです。

キノコの風味が優しく、スープに十分に味があるので、鍋定番タレのポン酢・ゴマだれが無くても、美味しく食べられ、とても暖まります。5種類のキノコから出たスープは、とても満足できる仕上がりになりました。

DSC_0255.JPG

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 



 


I gather herbs.

  • プロフィール
  • ユクフム
  • 庭の身近な野草・山菜は
  • 無農薬で安心な食材です。
  • そんな食材を取り入れた
  • 摘み草料理を実践中。
  •  
  • タグ一覧はこちら


Image

  • 摘み草日記の写真

人工薪


Helpful ・・・

  • 参考までに
  • ロゴス(LOGOS) ダッチオーブンM(バッグ付) 81062207
  • GEFU ポテト&フルーツしぼり 13200
  • となりのトトロ

 


Translation

Category

  • カテゴリ